副鼻腔炎

急性副鼻腔炎の症状とは

鼻の穴である鼻腔の周囲に幾つかの空洞がある副鼻腔があります。

 

副鼻腔には、目と目の間にあり蜂の巣上の構造の篩骨洞、その奥にある蝶形骨洞、頬にある上顎洞、額にある前頭洞があります。

 

副鼻腔の内側は薄い粘膜で覆われ、これらは小さな自然口と言われる孔で鼻腔とつながっています。

 

鼻の粘膜は空気を吸い込みますから、ウイルスが感染しやすく、感染した場合には鼻腔や副鼻腔の粘膜に炎症が起きます。

 

それに細菌が二次感染することで炎症がさらに悪化します。

 

鼻腔と副鼻腔をつなぐ孔は小さいため、炎症で粘膜が厚くなる肥厚状態になると塞がってしまいます。

 

その結果、中で出た膿が副鼻腔に溜まり始めるのです。

 

この状態のことを急性副鼻腔炎と言います。

 

症状は、鼻づまり、膿のような鼻汁、頭痛、発熱、頬の痛み、目の痛みなどが起きます。

 

急性副鼻腔炎を放置しておくと、慢性副鼻腔炎になります。

 

なので、膿を含んだ黄色や緑色の鼻汁の症状が続くときには、早めに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。